Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

ほねやすめ安原です。

関節、筋肉、腱など強い痛み 関節変形による痛みの改善例です。

 

この方は関節、筋肉、腱など強い痛み、関節変形による痛みを併発されていて、京都から3時間ほどかけて来られました。

 

とくに朝起きると足の裏の激痛があり、寝ている状態から起き上がり

足の裏に体重がかかると針でグサグサ刺されたような激痛があるそうです。

リウマチにより各関節も腫れがあり、手の指・手首・肘・首・肩・腰・膝・足首など
の関節に全て痛みと腫れがあり、生活でもだいぶ支障があるようでした。

状態を全身確認していくと、まずは内臓系の肝臓、腎臓、副腎、脾臓、心臓などが
下に下がってしまって、機能の低下がありました。

あと、脳の血液や脊髄液の循環の低下や視床下部、下垂体などの萎縮している状態など。
当然各関節の骨や関節液の循環の異常などもありました。

痛みを早く減らすために、副腎や視床下部、下垂体の調整をしてホルモンの分泌が
良くなるようにして、腎臓、脾臓の調整で血液の浄化力をアップさせ、下がっている内臓全体を
上がるよう調整し、各関節の負荷がかかってできた靭帯や骨筋肉の傷を改善して一度目の施術を終了しました。

起きてもらうと手を握る時、手首を曲げ伸ばしの痛みもかなりなくなり、
肘の痛みも消えていました。

とくに、立った状態での足裏の痛み、膝の曲げ伸ばしの時の痛みが消え、
施術前は膝を少し曲げるのでも痛かったのがいきなり床までしゃがむことが
できるようになっておられました。

これにはとても喜んでおられ、こんなに膝を曲げれるのはそうとう久しぶりだ
と言われ一緒に来られた肩と嬉しそうに話されていました。

二回目来られた時、痛みは戻ってしまっているかなと想像していたのですが、
それほどぶり返しはなく、前回施術を受けてから周りの人に、歩き方が全く違う
と言われたらしいです。足裏が痛いため、

ペンギンが歩くようにちょこちょこ歩いていたのが普通に歩けるようになったのと
リウマチの検査の採血の時も手を握れなかったのが普通に握れるようになったのが
うれしいと言われていました。

関節、筋肉、腱などの強烈な痛み、関節変形による痛みなどでお悩みの方も
ぜひご相談を。お力になれるかもしれません。

整体院 ほねやすめ http://www.ekiten.jp/shop_712323/

大阪市北区天神橋2-5-22 佐藤ビル2F

06-6357-5224

    ほねやすめ