Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

ほねやすめ安原です 🙂

今回は脚に力が入らない方の例です。

 

この方は何年か前からどんどん踏ん張れなくなり、歩いていても疲れる、すぐにつまづく、
階段は手すりにつかまり、腕で引っ張り上げている感じという状態になっているそうで。

大変お困りでした。とくにきっかけはなく、歳のせいかと病院では言われてました。

さっそく状態を確認してもらうために、歩いてもらったり、
段を上がってもらったりしましたが、言われる通り足に力がありません。
これでは悪くなるともっと歩けなくなる可能性もあるでしょう。

他にもいろいろ問診をして、実際の体の検査をしていきました。

症状の原因部分として脊髄が一番の影響があり、脊髄神経の伝達異常。
脊髄神経にカルシウムの蓄積、脊柱管にもカルシウム・タンパクなどの
老廃物の蓄積で邪魔されていました。

その老廃物が溜まりやすくなった原因として、腎臓の機能低下。
運動不足や食事、ストレスにより萎縮している状態になっていました。

ひとまずそれを改善させて、その他を診ていくと、
患部の臀部~足先までの筋膜の癒着や出力制限、血管神経の循環も
滞っていました。
あと皮膚にある神経にも伝達異常。特に足裏の感覚器の神経の流れが低下していました。

それを取った後に脳に脚の元々の使い方を取り戻すようにリセットし、脚力も上げて一回目施術終了です。

結果動画のように一回目施術後で、高めの段も上がれるようになりました。大変お悦びでした。

加齢によると思われる歩行困難、脚の不調や痛み、バランス調整などでお悩みの方も
ぜひご相談を。お力になれるかもしれません。

整体院 ほねやすめ HP

大阪市北区天神橋2-5-22 佐藤ビル2F

06-6357-5224

    ほねやすめ